カマチーの冒険ームシキング2005−

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜第二章〜(弱虫ちびカマキリ)

<<   作成日時 : 2005/06/25 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

春。ぽかぽかとあたたかい日の光がてりつけています。
その時―――
コカマキリのたまごにへんかがあらわれました。
たまごにひびが入ったのです。「ピシッ」ひびが大きくなりました。
そしてたまごがぱっくりわれると、小さなカマキリみんなはすぐにたまごをつたって木にたどりつき、下におりて行きました。その一番後に出てきたのが、カマチーです。
からだつきは、もっともへいきんてきです。カマチーはおなかがすいたので、
辺りをきょろきょろ見回した。その時風が吹いてきて、ねこじゃらしがカマチーの体を
くすぐった。「きゃっ!!!」カマチーはおどろいてものすごいはやさて゛
にげてしまいました。すると、アブラムシが止まっている木を見つけた。
              「よし、あいつをたべよう。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜第二章〜(弱虫ちびカマキリ) カマチーの冒険ームシキング2005−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる